日時:1月28日(火)
天気:くもり 時々 雨


今日から電気屋さんが入ります。



 
続きを読む >>

日時:1月27日(月)
天気:はれ


本数が少なくても必死にこの家を支えている柱たちに新しい仲間が加わりました。




 
日時:1月25日(土)
天気:くもり


今日は構造用合板による耐震壁をつくっていきます。




 
日時:1月24日(金)
天気:はれ

「スリムな配管屋さん」

こんにちは。今日は本当に気持ちがいい天気です!



 
日時:1月23日
天気:はれ


昨日から大工さんによる壁の耐震補強工事が始まりました。



 
日時:1月21日(火)
天気:くもり 時々 雨


今日は、午後から基礎屋さんが入り、耐震用のフレームを乗せる土台づくりのために既存の地面を削りました。

右端と左端それぞれ進めていきます。




特に玄関入って右側は、分厚いコンクリート?が埋まっているため、

削っても削っても土が見えてきません・・・






途中、材木屋さんが木材の納品に来ました。

何十本とある木材を一人で黙々と運んでいき、




部屋には木の良い香りがいっぱいに^^





日が暮れる頃には、掘削作業は終わり、

大きな大きな穴が出来ていました。







明日の作業も楽しみです。
日時:1月20日(月)
天気:くもり


今日は現場での打ち合わせです。

まずは、大工さんや配管屋さん、塗装屋さん、設備屋さんなどの職人さんと設計士さんが改修ポイントについて綿密に話し合いました。






オーナーとも綿密に話し合います。
 


特に、2階の柱は梁まで届いていないことがわかり、耐震方法について再検討の必要があるようです。




住宅の改修は、解体をしてみて明らかになることが多いため、現場での職人さんとのコミュニケーションや臨機応変な対応の重要性を感じた場面でした。


その次は、建築士さんと改修の記録方法について話し合いです。

2月18日に予定されている耐震勉強会(高岡市空き家活用推進協議会主催)に向けて、ほんまちのいえの記録の残し方(ビデオや静止画)について議論しました。

建築士会のお二人も興味津々で現場を観察です。。。





「母屋は2階を増築したのでは?」
「柱に根元に穴が空いているのは家を持ち上げた跡では?」
「実は昭和13年築ではなく、昭和30年代なのでは?」
などなど

少しずつこの家の歴史がひも解かれてきました。