一定期間更新がないため広告を表示しています

高岡には昔ながらの円筒型の郵便ポストがまちなかにいくつか残っています。



 
初めて高岡に来た時は珍しくて印象深かったですが、いざ住んでみると普段の風景に溶け込んでしまいますね^^

「慣れることがこわい」とはこういう事なんだなと感じました・・・

自分が今まで見つけたのは3カ所(いずれも山町筋近辺)ですが、いったい全部でいくつが現役なのでしょうか。

歴史をさかのぼると、円筒の郵便ポストは昭和24年(1949年)から設置されたようです。

その後、昭和45年(1970年)には箱型へと変わっていき、現在の形になってきた経緯があります。

つまり、円筒ポストが残っている町は、開発や道路拡幅、街路整備などが入らず、戦前の形が残っている、ということでしょうか。

モノの歴史からマチの歴史を読み取るのも面白いですね^^



参考:郵政博物館
http://www.postalmuseum.jp/column/transition/post_10.html
 
関連する記事