今回は鹿児島と東京より。

 

大学生の旅。


「自分でも人があつまる場所をつくりたい」

ということでヒッチハイクの旅をしていた学生さん。

 

大学2-3年の頃にそんなことを考えてもいなかった自分を思い出すと、恥ずかしくなります。

 

なにかをつくりたい

なにかを挑戦したい

なにかを目指したい

 

思ったことを試行することが容易になってきた最近。

 

世の中に対して何かを感じ取り、自分の手や頭を動かして体現する人がどんどん眼に見える形で増えてきている気がします。

 

自分たちの暮らしをより豊かにするために

 

与えられる段階から自らつかむ段階へ

 

自分も次のステージを捉えなければならない、

そう感じた、刺激ある時間でした。

関連する記事