今回は東京より。

 

まちづくりの勉強をしている学生さんでした。

 

福井県坂井市の三国港で活動している一般社団法人 三國會所と一緒に空き家の活用などに取り組んでいるとのこと。

 

三国には今年の冬に初めて訪れましたが、海と山に挟まれた細長い平地に歴史的な町家がぎゅっと詰まっているのが印象的でした。

雰囲気尾道のような・・・

 

旧銀行の保存からスタートし、現在では新しいお店や住まい手が入居することで町家が少しずつ住み継がれているようです。

歴史ある市街地ではどの地域でも同じ課題を抱え、その解決に向けて地元住民やよそ者などさまざまな視点・立場からの挑戦が行われているように感じます。

 

同じ北陸ということもあり、なんだか楽しみです。

関連する記事