今回は徳島と東京より。

 

 

徳島からのお客さんはこれから東北目指して旅行中。大学でまちづくりのサークルに入っているので色々なまちに興味があるとのこと。

徳島市は意外と行った回数が少なく、あまりイメージがありません・・・汗(むしろ神山や上勝、三好などの山間部の方がたのしそうな取り組みをやっている気がしますが)

 

四国のイメージといえば水不足、ということを思っていましたが、そんなこともないようです。特に徳島市内は多くの河川が流れているためむしろ水源が豊かなまちだそうです。

 

高岡も水は豊富です。雪を溶かす融雪装置は井戸水を使用していますし、日常生活で井戸を使っている世帯もあります。

また、南に下がって西藤平蔵の方に行くと、あちらこちらで水が自噴しています。

そのため、町によっては上水管が通ってないところもあるとか。

こうした美味しい水が美味しい作物ができる作物なんでしょうね。

 

また、水といえば黒部の生地(いくじ)地域。

自分自身行ったことがありませんが、町の至る所から湧き水があがっています。

あちらこちらから「こぽこぽ」という音が聞こえると、なんだか涼しげな雰囲気。

 

今年の夏はぜひ行ってみたいな。

関連する記事