ある方から

「空き家になって解体するので欲しいものがあれば持っていかない?」

というお誘いをいただき、お邪魔してきました。

 

その中で一番驚いたのがこちら。

 

 

なんだかわかりますか?

 

螺鈿に使う貝殻です。

しかも大量に!

 

その家に暮らしていた主人が趣味で漆を塗って加飾をしていたそうです。

 

趣味が漆塗りって。。。

 

とやまに移ってきて思いますが、

花道や茶道、漆塗り、山菜摘み、釣りなどなど

一人一人の暮らしが本当に豊かです。

海もあり山もあり文化が根づく。

そんな環境が生まれた時から身近にあるということが

ほんとうに恵まれていることだと思います。

 

だからこそ、大都市の子育て世代が

「とやまに移住したい」と言って移り住む人が多いのが

納得できます。

 

さて、この貝殻を使って自分も螺鈿に挑戦しようかな。