今回は東京、富山、福井からのお客さん。

 

 

 

 

 

この冬は富山、石川、福井からのお客さんが割と多かったかもしれません。

自分の住むまちの宿泊業って意外と知らないですよね。

東京に住んでいるのにわざわざ東京のゲストハウスに泊まることなんかないですし。

 

ただ、ゲストハウスを通じて違った視点でそのまちが見えてくる、という点において

近場のゲストハウスに泊まることは意味があるのではないかと思います。

 

オーナーやスタッフの視点でまちを眺めたオリジナルマップや地元のオススメのお店、地元の名物おじちゃんなど、

これまで自分の目で歩いていたまちとは異なる価値観や着眼点が取り込まれるだけで、

その空間の雰囲気はがらりと変わってきます。

 

八尾のOYATSUや南砺のタカズーリ喜多、大野のナマケモノなど、

行ってみたいゲストハウスが県内にも少しずつ増えてきました。

関連する記事