今回は東京からお客さん。

 

 

福井出身でそろそろ仕事をやめて福井に戻る予定とのこと。

 

ここ最近、自分と同じ年代や30代の人たちの中でも

地元のまちへ戻る

という選択をして新しい暮らしをつくる人によく出会います。

ゲストハウスをしているからなのか、そんな世の中になってきているのかわかりませんが

暮らしや人生の価値観が少しずつ少しずつ変化しているんだろうな、と感じます。

 

新しいものを求める時代から

なにか失ってしまったものの心地よさに気づく時代に。

 

日本海側のまちは

その心地よさがまだまだたくさん残っているように思います。

お祭りや料理、生業など

土着の季節らしさが残り

それを楽しむ人たちがいる。

 

そんな日常が送れる土の人になりたい。

そう思うついこの頃です。

関連する記事