お客さんからいただいた「熊本銭湯マップ」

 

県の銭湯組合が作成しているのですが、

そのイラストがyoneさんでした。

 

「まちのゲストハウス考」でもほんまちの家の解剖図を描いてくれたそのイラストは

ゆるくてかわいくて、ついつい見入ってしまいます。

 

銭湯も人が集まりのんびりとその場を楽しむ場所として

yoneさんのイラストがすごいぴったり。

 

人口に対する銭湯の数がトップ3に入る富山県でもぜひぜひこういうものをつくってもらいたいなぁ、と思いました。

 

最近ではスーパー銭湯に行ってしまう人が多くなり、廃業する銭湯が増えてきました。

時代とともにニーズが変わり、廃れる業種が増える最近ですが、

こうした職を継ぐことができるのは高岡のような地方都市だけなのでは、と感じます。

なぜ継ぐ必要があるのか、どうやったら継げるのか、継いだところで生活できるのか、、、

色々な問題が挙がりますが、今これを継がなかったら高岡は単なる東京の劣化コピーのまちになってしまうのではないかなぁと。

 

その瀬戸際に立っているのだと思います。

 

雪が溶け日々商いが閉まり、町家が解体されていきます。

関連する記事