鋳物や漆器の産業が受け継がれてきた高岡。

 

そのものづくりの精神から生まれたのが「高岡クラフトコンペティション」です。

今年で31回目という歴史あるコンペが今年も募集を締め切りました。

 

 

富山大学の芸術文化学部にあるクラフトサークル「クリエイ党」でも

毎年学生と職人がペアになり作品を応募しています。

学生の時からこうしたものづくりの最前線で話を聞き、現場を学ぶ機会があるということは

とても貴重な体験だと思います。

 

その作品の撮影をほんまちの家を使ってくれました。

暑い日の夕暮れ時、

一生懸命つくった作品を机に並べ

自分たちがつくったこだわりや魅力が伝わるように

パシャパシャと撮影していました。

 

こうして感じた感覚を未来にぜひ活かしてもらえるとうれしいですね。