城下町としての歴史がある高岡のまちなかには水路が流れています。

ただ、

いまではどれも暗渠となってしまい、普通に歩いているだけでは目にすることはありません。

 

 

ですが、

注意深く見ていると、住宅の裏側や建物と建物の間、道路の鉄板の下など、、、

意外といまでも生きている水路の様子を見つけることができます。

さらさらと流れる水路は現在農業用水路として利用されています。

 

こんな水の流れが普段の日常で感じられるまちになるといいなぁ

と思いながら今日も暗渠の上を自転車で走ります。

関連する記事